新しい農産物処理加工施設が完成しました。 

2013年3月26日(火)、農産物処理加工施設の落成式を行いました。
 当日は岩屋毅 衆議院議員、小風茂 大分県副知事、八坂恭介 杵築市長、工藤義見 日出町長らのご列席をはじめ、遠藤建作 昭和建設工業会長、和田和幸 カヤノ農産組 合長理事など関係者も含め、総勢78名の見守るなか無事に落成式は終了しました。本 施設の稼働開始により、生産処理50ha分の加工処理が可能となってきます。
 おかげさまで施設はさっそく稼働をはじめ、2013年5月中旬の本施設からの初出荷を めざして職員一同、取り組んでいます。今後も大分県が日本一の茶産地となるよう、 邁進していく所存です。



■大分合同新聞の記事
http://www.oita-press.co.jp/print.php?print_type=localNews&print_first_genreprint_second_genre=&print_news_id=2013_136460576317




Copyright (C) 2012 KAYANONOSAN All Rights Reserved.